靴 汗 臭い 改善

私が実践している靴の中の汗や臭いを改善させる3つのポイント

会社勤めの方、特に営業等で革靴をはいて一日中走り回っている人等は、汗をたくさんかくので足の臭いが気になるのではないでしょうか。私も、革靴を良く履くので、一日中革靴を履いているとどうしても靴の中に汗などの湿気が溜まって臭いが気になってしまいます。

 

同じような悩みを持つ方の為に、この改善方法として私が実践している3つのポイントをご紹介します。

 

靴を履き替える

 

1つ目は、室内にいる時は、サンダル風の風通しの良い靴に履き替えて、オフィシャルな場では革靴を履くというように靴を履き替えるようにしました。

 

靴を履き替えると、ずっと履いていた革靴の中にも風がいきわたって湿気が飛んで、においの原因の菌の繁殖も抑えられます。革靴をずっと履いていると、自分自身の足もとても熱を持ってきて、むくんでしまい、疲れの原因にもなってしまうので、靴を履き替えるのは様々な面でメリットがあります。

 

 

靴をローテーションさせる

 

もう一点は、同じ靴を続けて履かないということです。
特に革靴は連続して、2日履いたりしないようにしました。革靴を続けて履いているとはやり湿気がこもるのか臭いが気になり始めます。

 

革靴を数個用意して、きちんと履きかえるようにしてからは、靴の中の匂いもほとんど気にならないようになりました。
どんなに忙しくても、めんどくさがらずにきちんと靴をローテーションすることはとても大事です。

 

 

靴底を利用する

 

そして、最後は、靴をきちんと洗うことと、靴底を使用することです。
靴底にスポンジ等を入れておくと、靴底が汗等を吸い取ってくれて、靴自体に匂いが付着することを防いでくれます。
そして、匂いが気になりだしても靴底を交換すれば、靴の匂いは全くといっていいほど気になりません。交換した靴底は何度も洗って使用することができるのでとても経済的です。

 

洗った靴底は、革靴と一緒に陰干しすると更に効果が上がります。靴底は天日干ししても大丈夫ですが、革靴は製品によりますが、陰干しをするように注意書きされているのが多いと思います。
太陽の光を浴びせると雑菌が死んでいくので臭いを防止する点では効果があります。

 

 

足の臭いを防ぐ方法は様々ですが、一度試されてもいいのではないでしょうか。