足 靴 臭い

靴や靴下など足周りが臭くなるのはなぜか

靴を脱いで室内に上がる時、足や靴下が臭い。さらに靴の中から悪臭が。
そんな足や靴の臭いで悩んでいませんか?

 

足や靴の臭いは自身のコンプレックスになるだけでなく、他人に迷惑を与えてしまいますので、解消したいところ。
そんな足や靴が臭くなる原因について説明します。

 

靴や靴下が臭い原因

 

靴の中が臭い、その原因には足汗が関係してきます。

 

靴を履いた足から、汗が出ることにより靴の中の湿度が上がり、雑菌が繁殖するようになります。
靴を履いて10分経過すると湿度が100%を超える環境になるといわれています。

 

足汗や皮脂、アカなどが靴の中で閉ざされることにより雑菌が繁殖するため、足、靴下、靴から悪臭を放つようになるのです。

 

靴が臭い人の多くは、足汗が大量にでているケース、または長時間靴を履いたままのケースのどちらかといえます。
つまり、足や靴下、靴が臭いことを改善する為にはまず足汗を抑える必要があるのです。

 

足汗を止めることによって、靴の湿度も下がり雑菌の増殖を抑えることになります。
男性ならば靴下などが、汗を吸収して素足よりも臭いを抑えられますが、靴下も蒸れますので結局臭いを放ってしまいます。また女性が履くストッキングなどは化学繊維でできているので汗を吸収しない為、素足と同じ環境となり臭いを放ちます。

 

まずは、足汗を抑えて清潔にすることから始めましょう。
足汗を抑えるには、こちらの足汗 止めるの記事を参考にして下さい。

 

上記の足汗専用のデオドラントを使用するか、もしくはマメにタオルなどで拭きとって雑菌の繁殖を抑えましょう。
入浴の際は、足の指の間まででキレイに洗うことも大切です。

 

足の汗を止めることができれば、室内に上がる時、自分の靴や靴下の臭いを気にすることもなくなり、堂々と靴をぬぐことができます。