足の臭い 原因 対策

足の臭いの原因とほんとうに効果的な対策

暑い気候になってくると、誰もが気になる臭いは、「自分の足の臭い」です。
特に靴を脱がなければいけない時、足の臭いで悩んでいる人は、周囲の反応を覚悟しなければいけません。
足の臭いがどうしても消えないという人は、原因を突き止め、改善する方法を学ぶことです。

 

足の臭いが発生する原因

 

足には身体のどの部位よりも多く汗腺が存在しているので、よく汗を出す場所です。
夏に革靴と靴下を履き続けると、靴の中が蒸れて不快感が出てしまいます。
女性の場合、ブーツという密閉度の高い靴を履いたり、ストッキングを履いたりと、蒸れる条件が多くなります。
靴の中が蒸れると、バクテリアなど臭いを出す雑菌が、足の裏側に繁殖しやすくなります。
足の裏の角質が分厚い人も要注意で、角質の中に細菌が増えて、夏になると水虫や足の臭いといった症状が拡大します。
靴を取り替えても足が臭いのが治らない場合、足の裏に細菌がかなり多いことが考えられます。
普通にお風呂に入ったり、シャワーを浴びて足を洗っているのに、足の臭いだけは一向に改善しない場合もあります。
どうしたらしつこい足の臭いを、完全に消すことができるのでしょうか。

 

足の臭い対策は殺菌と乾燥で除去

 

まず足を洗うときには、殺菌力のある石鹸を、毎日使っていくことがおすすめです。
足を洗うのは朝と夜、少なくとも2回程度は行っていくことで、足の雑菌を除去します。
桶に湯を溜めて、酢や重曹といった殺菌力のあるものを加えて、足湯をするのも効果が上がる方法です。
毎日続けていくと、足の裏の雑菌が消えてなくなります。

 

お風呂に入って数分から数十分すると、足の裏の角質が柔らかくなっています。
爪でひっかいてみるとボロボロと角質が取れるほどです。
雑菌を減らすためにも角質除去はやっておいたほうが良いです。
殺菌力のある石鹸で足を洗ったら、水気をよく拭き取ることです。
そしてしばらくは素足で過ごすことで、足が乾燥するようにします。

 

勤め先で足の臭いが気になるという場合には、重曹やミョウバンを溶かしたスプレーを使います。
重曹やミョウバンは臭いがなく、殺菌力・消臭力のあるスプレーです。
堂々と自分は足が臭いと宣言し、職場で足を洗ってしてしまうのも効果が上がる方法です。

 

また足が汗をかくと雑菌が繁殖しやすくなるので、できる限り汗を抑えて乾燥させる必要があります。
足汗を抑えるならこちらの記事足汗を止める対策を参考に。

 

足の臭いは日々のケアで大きく抑えることが可能です。
毎日のケアを怠らないように心がけましょう。